ベイビーサポートの効果について

男女産み分けとは?その成功確率は?

産み分け方法とは?

 

 

 

そもそも男女産み分け法とは何なのか。

 

 

簡単にいうと、

 

夫婦が希望する性別の赤ちゃんが生まれてくるよう、

 

妊娠前に実行する行動のことです。

 

 

産み分け法については

 

ジンクスや迷信もたくさんあります。

 

古くから伝わる有名なものもあれば、

 

医療的な技術を用いたものもあります。

 

 

 

約700年前からある中国式産み分けカレンダーなどは有名で、

 

現在でも実際に広く利用されていますね。

 

 

医療的なアプローチとしては、

 

人工授精の技術の一つである「パーコール法」という方法を

 

用いる場合もあります。

 

色んな方法が存在しますが、

 

近年では【ベイビーサポート】のようなアイテム用いる方も

 

増えているようです。


増える潤滑ゼリー利用者

ベイビーサポート画像D

 

 

私自身、不妊治療で通院していた経験があります。

 

不妊治療しながらも、最初は女の子が欲しいな〜と思っていたので

 

先生に産み分け方法について聞いてみました。

 

 

産み分けを特段否定する先生ではなかったので、

 

色々親身に話を聞いてくれました。

 

 

最近の傾向では、自然に男の子・女の子を産み分ける方法が注目されていて、

 

わざわざ通院しなくても自分でチャレンジする人が多く、

 

そこで役に立ってくるのが 【ベイビーサポート】のような産み分け用潤滑ゼリーとのことでした。

 

 

 

この産み分け用のゼリーにはたくさんの種類がありますが、

 

このサイトでは大人気のベイビーサポートについて集中的に分析しております。

 

 

また、気になるのは産み分けの成功確率ですよね。


男女産み分けの成功確率は?

産み分けの確率は?

 

 

そもそも男女の産み分けを実践した場合、

 

希望通りの子が産まれてくる確率はいったいどの程度のものなのか。

 

これは非常に気になるところ。

 

妊娠してもすぐに性別は判別できませんし、

 

ある程度の時間が経ち、

 

胎児が成長する過程でわかるものですからね。

 

しかし実際調べてみるとその確率をみて少し驚きました!

 

実際に産み分けを実行し成功した確率を調べてみたところ、

 

最近のデータでは以下の通りとのことです。

 

男の子:80〜90%
女の子:70〜80%

 

これには正直驚きました。

 

思った以上に高い確率で産み分けが成功しているってことですもんね。

 

もちろん100%ではありませんし、

 

確率が高いからと言って必ず成功するとは限りません。

 

期待を膨らませすぎて成功しなかった場合にがっかりしないようにはしましょう。


産み分け率の向上の背景

基礎体温チェック

 

 

成功率が向上している背景には、

 

・不妊治療で妊娠の知識をしっかりと持つ女性が増えた

 

・排卵日などを特定する技術が向上した

 

など、不妊治療の普及と女性の意識の向上も

 

その確率の向上を後押ししていると言えるでしょう。

 

また何よりもベイビーサポートのような潤滑ゼリーによって

 

希望する性別の子を産みやすい状態に持っていけるようになったことも

 

もちろん大きな要因と言えますね。

 

 

 

残念ながら成功しなかったという場合もあります。

 

 

理由は様々で

 

基本的には原因は分からないことがほとんどと言われています。

 

年齢やもともと持った体質やその時の体調、性交のタイミングなど

 

様々な要因があるでしょう。

 

 

ベイビーサポートのようなアイテムを活用するのも大事ですが、

 

その効果を最大にするためにも、

 

日々の体調管理などにも目を向けてみるとよいでしょう。


産み分けの成功率を向上させるためには

排卵日チェック

 

 

 

産み分けを成功させるためにも、

 

まずは妊娠しやすい体づくりや

 

自身の月経サイクルの把握といった

 

基本的なことが最も重要であることは言うまでもありません。

 

 

日々の生活習慣に気を使うことは基本中の基本です。

 

月経リズムや精子の活動は、

 

毎日の生活のちょっとしたことで崩れるものです。

 

過労や睡眠不足、不規則な生活や偏ったな食生活、

 

男性の場合には喫煙も悪影響を及ぼすでしょう。

 

 

男女ともに自身の生活を見直しつつ、

 

体調を最優先にした生活習慣を作れるよう意識してみましょう。

 

 

女性であれば基礎体温チェックや排卵日の予測がしっかりできるよう

 

妊娠のための知識にも目を向け実践してみましょう。