ベイビーサポートの効果について

男女の産み分け方法について

赤ちゃん

 

気になる男女産み分け方法。

 

ここでは男女の産み分けの方法を探るために、

 

そもそも赤ちゃんの性別がどのようなプロセスを経て決定されるのか、

 

そこのところを詳しく見ていきましょう。

 


精子の種類で決まる赤ちゃんの性別

精子と卵子

 

 

産まれる子供の性別は精子の種類によって決まります。

 

性別を決定する遺伝子である「性染色体」というものがあり、

 

X X染色体を持つ” X精子”とY Y染色体を持つ” Y精子”の2種類があります。

 

Xの精子と卵子が受精した場合は「女の子」

 

Yの精子と卵子が受精した場合は「男の子」

 

 

が産まれると言われてます。

 

つまり、

 

X精子と卵子が受精すると「XX」となり「女の子の赤ちゃん」、

 

Y精子と卵子が受精すると「XY」となり「男の子の赤ちゃん」、

 

ということになります。

 

 

Y精子の特徴

 

  • アルカリ性に強く酸性に弱い
  • 寿命が約24時間とX精子に比べて短い
  • X精子と比べて数が約2倍と多い
  • 動きが早い

 

X精子の特徴

 

  • 酸性に強くアルカリ性に弱い
  • 寿命が約2〜3日とY精子に比べて長い
  • Y精子に比べて数がすくない
  • 動きが遅い

 

 

 

X精子とY精子を比べると、

 

もともと精子自体はアルカリ性と言われてますが、

 

上記のような違いが出てきます。

 

 

女性の方も、膣内と子宮内では状態に違いがあり、

 

膣内は酸性で子宮内はアルカリ性とのことです。

 

 

膣内が酸性の理由としては、

 

通常は膣内を雑菌から守るため酸性になっていますが、

 

排卵日が近付くとアルカリ性に傾いてきます。

 

 

これは、女性のおりもの(子宮頚管粘液)がアルカリ性で、

 

排卵日付近はおりものの量が増えることにより、

 

アルカリ性に傾くということがわかってます。

 

 


排卵日の算出が産み分けのカギを握る

排卵日基礎体温チェック

 

 

精子の種類によって赤ちゃんの性別が分かれます。

 

この精子の選別はできません。

 

 

したがって最も大事なのが排卵日の特定です。

 

 

男の子を希望する場合は膣内をアルカリ性に保ち、

 

排卵日当日に夫婦生活をするのが理想とされ、

 

逆に女の子を希望する場合は膣内を酸性に保ち、

 

排卵日の2〜3日前に夫婦生活をするのが理想とされています。

 

 

これを実行するには排卵日を正確に計算することがとても重要です。

 

 

排卵日を正確に算出するためにも、

 

自身の生理周期の把握や基礎体温チェックをコツコツと続けていきましょう。

 

 

必要に応じてグラフをつけたりノートをとったりしましょう。

 

 


産み分け潤滑ゼリーはうまく使おう

ベイビーサポートを上手に使おう

 

このブログで紹介している「ベイビーサポート」のような潤滑ゼリーも

 

近年では産み分けの確率をあげるために

 

上手に使う人が増えています。

 

 

 

ベイビーサポートは、産み分け用潤滑ゼリーとして製造されていて

 

簡単にいうと、膣内ph調整剤です。

 

 

 

ベイビーサポートfor boyは膣内をアルカリ性に

 

ベイビーサポートfor girlは酸性に

 

近づける効果を持っています。

 

 

 

日々の生活リズムを正しく把握し、

 

より男女産み分けの成功確率をあげるために

 

ベイビーサポートのような潤滑ゼリーを上手に使ってみましょう。