ベイビーサポートの効果について

ベイビーサポートには副作用があるの?母子への悪影響は?

ベイビーサポートの副作用は?

 

 

ベイビーサポートは

 

赤ちゃんの男女産み分けを希望する方のための

 

産み分け用潤滑ゼリー。

 

 

でもほんとにこのゼリーを使っても大丈夫かな?と

 

不安がよぎる方もいると思います。

 

 

だってこれから生まれてくる我が子のことですし、

 

自分のからだに直接入れて使用するものなので

 

気がかりですよね。

 

ここでは

 

潤滑ゼリー「ベイビーサポート」の副作用はないのか?

 

そこを見ていきたいと思います。

 

 

 


ベイビーサポートの構成成分

 

ベイビーサポートに入っている成分は次のようなものです。

 

 

水、プロパンジオール、乳酸、ヒアルロン酸Na、

 

チャ葉エキス、カルボマー、ポリアクリン酸Na、塩化Na、BG、

 

アルギニン、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

 

計14種類。

 

 

この成分の配合目的としては、

 

保湿、抗炎症、消臭、増粘剤、PH値調整、生薬基材、防腐剤

 

として生成されております。

 

 

すべて100%天然成分でできており、

 

目や口に入ってもまったく問題ないと言われています。

 

 

チャ葉エキス

 

気になる母子への悪影響は?

 

ベイビーサポートは天然成分を使用しており、

 

日本の製造基準はもちろん

 

さらに厳しいアメリカ・ヨーロッパの基準も参考にして

 

製造されてます。

 

 

ベイビーサポートに含まれる「防腐剤」は、

 

目薬や医薬品、化粧品や食品にも使用されている

 

人への刺激が最も少ないものを1%未満のごく少量のみ使用しているそうです。

 

 

 

 

肌への影響が極めて少ない天然成分のみ使用しているので、

 

皮膚のアレルギーを持っている方でも安心して利用できるそうです。

 

 

商品自体の安全面の検証としては、

 

同社が徹底的に安全性のテストを行っており、

 

身体に無害なものばかりで、日本食品分析センターが行った試験でも問題ないと

 

判定してます。

 

 

ベイビーサポートを使用して

 

これまで何らかの悪影響があったり

 

副作用が出たという報告は一度もなかったとのこと。

 

 

自分の体に入れたり、産まれてくる赤ちゃんに

 

まったく無害ということで

 

安心して利用できそうですね!

 

ベイビーサポートは副作用がありません